突然ですが、今回は「誰でも簡単、失敗知らずの水ようかんの作り方」をお伝えします。

というのも、水ようかんの季節になると「家だとこうならない」「特別な道具を使っていますか」ときかれることがあります。

断じて、そんなことはありません!!

コツさえわかれば水ようかんの作り方はとても簡単です。

水ようかんの失敗例として多いのが

1、寒天が溶けきらずダマになる

2、下にあんこが沈みムラができる

だと思います。

その2点さえクリアできればどんな固さになろうと甘すぎようと水ようかんです!(これが我が家の味、で通しましょう)

 

まず、材料です。

1、あんこ(粒・こし、市販・手作りはお好みで) 500g

2、粉寒天 3g

3、水 400㏄

以上です。

ポイントは粉寒天。

置いていないスーパーもあります。当店はアトレにて購入。

もちろん棒寒天でも作ることができますがこれがダマになりやすい原因だと思います。

鍋に水と粉寒天を入れて弱火にかけ、水が透明になるまで粉寒天をしっかり溶かします。(木べらを使うと便利です)

一旦火を止め、あんこを投入。

再び弱火にかけてひと煮たちさせます。

火をとめ、水を張ったボールに鍋底をあて混ぜながら温度を冷まします。

ここでしっかり冷ましておくとあんこが沈む失敗がなくなります。

温度計があれば40度前後、なければ指を5秒以上入れられる人肌程度になっていればOKです。

あとは流し缶なりタッパなり、お好きな容器に流し入れて冷蔵庫で一晩冷やします。

上記の分量でぎりぎり一缶分になります。

こんな簡単にできる水ようかん。

大人食いしたい方、この夏は是非お試し下さい(*ノωノ)

 

さて、遅くなりましたが今週の気まぐれ小丼ランチのご案内です。

7月2日(火) ほっけフライ丼

4日(木) とりてりやき丼

6日(土) 夏野菜と豚のみそ炒め丼

を予定しています。

他にオムハヤシライスと6日(土)は手打ちうどんランチも登場する予定です。

スイーツもコロコロ変わっていきますので食べ忘れのないようご注意下さい。

 

温度も湿度も高い季節です。

水ようかんを食べて元気に乗り切りましょう。

今週もよろしくお願いします☆

こ、これはまさか、、
クマの小道(熊野古道)、、すみません

“水ようかん” への8件のコメント

  1. 明日(4日)11時過ぎに女子2名で伺います。
    久しぶりなので楽しみです。
    (⌒‐⌒)

    1. おはようございます。
      本日二名様、お待ちしています!
      ありがとうございます。
      お気をつけてお越し下さい< (_ _*)>

      1. 今日はありがとうございました。
        予定していたより長居をしてしまいまして…(^^;
        今日も美味しくちょうだいしました。また伺わせてくださいね♡

        1. ご来店ありがとうございました!
          ゆっくりしていただけて何よりです。
          またお待ちしています(*^^*)

  2. 先日はロールケーキと白玉あんみつを、たらふく頂きました(幸せ〜(*^-^*))
    水ようかんのレシピ教えちゃって、お店の売り上げは大丈夫ですか?(笑)
    今度、作ってみますね。

    1. いつもありがとうございます。
      私も色んな方のレシピをパクリ、いや、参考にしつつ今があります。笑
      是非作ってみて下さい(^^)/

タマ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。